矢野恒久のぶらり一人旅::第5回「哀愁の摩周丸(北海道)」

かつて本州と北海道を結んだ青函連絡船。

メモリアルシップとして保存されている摩周丸を訪れます。

目を閉じて、耳を澄ませば、いまにも汽笛の音が聴こえてきそうです・・・。

2001年5月20日更新

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です